身に覚えのない請求が来た

カードローンはとても便利なものですが、中には第三者が自分になりすまして申し込みをして勝手に利用しているというケースもあります。
突然見に覚えのない請求が来たら、国民生活センターや弁護士などに相談してみましょう。
この場合考えられる原因は、以前に身分証明書となる免許証や保険証を無くしてしまったとか、インターネットでフィッシング詐欺に合い、個人情報を抜かれてしまったなどがあります。
免許証や保険証などの身分証明になるものを紛失してしまった場合は、必ずすぐに警察に紛失届けを提出しましょう。
クレジットカードやカードローンなどの利用がある場合も、悪用されないようにカードの利用を一時的に止めてもらえます。
この場合は本人確認などが適切であったかどうかを確認すれば、すぐに判明するので個人で悩んでいないで、専門家に相談するのが一番です。
中には架空請求などもあるので、業者に直接連絡をせずに、必ず第三者に連絡や確認をしてもらいましょう。